今年の予想
久しぶりにスポーツのこと書いて見ます…
さて、プロ野球のオープン戦も架橋に入ってきています・・・
そんなこんなでとりあえず今年のセ・リーグの順位予想と分析でも…

まずは分析から…
・中日ドラゴンズ
去年の優勝チームでもあり投手王国。
セ・リーグではこのチームに投手で勝てるチームは居ないぐらいですね…
先発・中継ぎ・抑えの役割がしっかりと出来ているチームです。
去年不発に終わった、朝倉、野口が復活すると鬼に金棒とはこのことを言うんでしょうね…
打者陣では横浜から来たT・ウッズが鍵を握ると思います。
少なくても去年よりも得点源はあります。
守備に関しても…井端、荒木、立浪の守備は他チームの脅威となるでしょう。
不安があるとすればレフトの定位置不在とT・ウッズの守備の不安でしょう・・・
走攻守において1番安定感のあるチームだと思ってます。

・ヤクルトスワローズ
特に変わったところは見当たらないですが…
岩村・ラミレスは他チームにとっては脅威ですよね…
若手がとても充実しているチームですね…
オープン戦でも若手が頑張ってました。
ここもバランスが取れてていいチームだなと…
あとは、藤井の復活が鍵を握ることでしょう

・巨人
キャプラーを補強し守備を重点に置いてきたが…守備はまだ不安だらけ…
中日と比べると見劣りますかね…
打撃の破壊力はトップです。
あとは繋ぐ野球もできるようなら…
ペタジーニの代償はでかいと思います。
投手陣がどれだけふんばれるか…あとは抑えの外国人がどれだけ通用するかにかかってると思います。

阪神
優勝時に比べるとちょっと見劣りするメンバー
内野を大きく変えてきましたが、そこがどう出るのか・・・
打撃に関しては…赤星の出塁率が鍵でしょうか…
金本、シーツ、今岡等いますのでチャンスをどれだけ広げれるかですね。
投手はセ・でもなかなかだと思ってるのでチャンスはあります
藪の抜けた穴をどう埋めるのか…そこですね。

広島
広島は故障者が多いのが気がかりですが、普通にやれば出きる人がいっぱいですので、上位争いも可能だと思います
赤ゴジラ嶋の出来にも掛かってくると思います。
あとは投手陣の立てなおしがどんだけできるかにかかってます

横浜
T・ウッズが抜けたのは痛手。
新外国人がどれだけやれるのかは不明ですが…ウッズ並の実力があるかは疑問
でも、他にもいい選手がいっぱいいるので、その辺はカバーできると思ってます
ただ、外野が豊富なのに内野がちょっと手薄感があるので、そこはうまくカバーできれば面白いと思う。
投手では三浦、佐々木の立てなおしが鍵。
佐々木は昔ほどの威圧感がないので、完璧に抑えれるなら…このチーム強いですよ。

結論
1.中日
2.巨人
3.阪神
4.横浜
5.ヤクルト
6.広島

中日はちょっとひいき目も出てしまいましたが、強いと思いますよ
今度はマークされる側ですが…がんばってもらいたいです。
[PR]
by isicoro1456 | 2005-03-16 00:35 | スポーツのこと
<< これからは はぁぁぁ >>