映画の話
川=´┴`)<おっつー

どうも。
なんか今週金曜から休みになったっぽい僕です。どうも。

さてさて

たまにはハローを離れてもいいかなと思いまして。

最近ってわけではないですけど、永続的にハマってる20世紀少年

もう終焉したのですけど、集め始めたのはかれこれ5.6年になりますかねw

とりあえず2巻が親戚の車の中にあったので読んでたらなんか次が気になる。。。

と思って集め始めました。

今は映画やってるので知ってる人も結構いるんじゃないでしょうかねー

ストーリーとしては

少年時代のケンヂ(主人公)達が書いた予言の書をとある誰かが実行に移すっていうシナリオなんです。

予言の書には地球滅亡のための工程が書かれており、それを行なう団体の取り仕切る人物を「ともだち」と呼ぶ

もちろん「ともだち」はケンヂの同級生の誰か。

子供のころに書いたよげんの書を阻止するためにケンヂ達が「ともだち」一派と戦うっていうストーリー。

予言の書は以下の通り

サンフランシスコで細菌兵器が散布される。
ロンドンで細菌兵器が散布される。
大阪で細菌兵器が散布される。
羽田空港が爆破される。
のろしが上がる。(国会議事堂が爆破される。)
2000年12月31日、東京に巨大ロボットが襲来。世界各地で細菌兵器が散布される。
9人の戦士(書かれた時点ではケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーのはずであった)が立ち上がる。

実はこれ以外にも「ともだち」が書いた「新よげんの書」がある。

なんかあれですね。

こういうのって夢じゃないですかw

子供のころ考えたことが実現するとかなかなかないわけで、そんな楽しさや、次どうなるんだろうっていうわくわく感がこの本の楽しさなんだろうと思います

実際あったらめちゃくちゃ怖いことですけどね。
いやまじで

読めば読むほど楽しくなるので良かったらぜひ見てみてください。
[PR]
by isicoro1456 | 2009-02-04 20:28 | 日常の駄文
<< Q.E.D 第5話 アルバム収録曲とソロDVD >>