ツアー終了
昨日のうちに帰ってきてたんですけどやはり大分疲れてましたねw
若干の体力の低下か?w
いや、そんなことはないw

そういえば一年半前もこんなことばかりしてたw
夜行→そのまま仕事

大分疲れるけどやはり楽しいことと比較するとやめられないw
だって新幹線使っても帰れないんだものww

というわけで今秋のツアー「リゾナントライブ」も終幕。。。

新しい発見とか楽しかったこととか本当にたくさんあった。

まぁそれは時間が出来るのでゆっくりと書くことにしよう。

というわけで全体的な感想から

愛ちゃんも言っていた通り、春の大全集ツアーがとてもいいものに出来上がったから、このツアーはなかなかメンバーにとっても苦悩のツアーだったみたいです。。。
愛ガキのMCでも色んな人に支えられてそして涙もしたと聞きました。
偶然ツアー中にyoutubeでラジオがあったので聞いたわけですが・・・
ヤンタンだったかな?
座間の前日のリハでもうまくいかなくて…
みんなで悩んで悩んでそれで当日を迎えた。
メンバー個人個人がいいものにしたいと思ってこその苦悩だったみたいです。
それが成功した初日の愛ちゃんの涙になったそうです。

千秋楽の里沙ちゃんの目には涙が見えた。
それだけいろんなことに挑戦し、苦悩したけども今回のライブ成功による嬉泣きだったのかな?
最後に出てきた時の支えてくれるみんなに対してのあいさつ。
これはいつも感謝の気持ちを忘れない里沙ちゃんらしいと思った。

愛ガキMCでリーダーが頼りないと自分で愛ちゃんは言っていたけども、あまり大きなところではないが小さなところでリーダーとして凄い貢献しているのは知ってる。

基本的にはあの子全体が見えるところでは言う子ではないけど、個人個人でいろいろと相談したりしてるんだろうと思う。

そこが高橋愛らしさ。ガキさんの言う高橋愛色だと思う。

だからこそ今のアットホームなモーニング娘。ができあがってるんだと思う。

うちも多分同じ立場に立たされたなら今までのリーダータイプよりは高橋愛タイプのようにしてると思う。

内面的なことが結構似てたりするので高橋愛が好きなんだろうなーといつも思う。

いろんなことに長けてるメンバーはいない。

でもそのメンバーが一致団結すればこんなにもすばらしいグループになれる。

ちょっと違うかもしれないけど僕が好きな詩人の詩に似たような言葉があった。

「僕には仲間がいます」
「穴ぽこだらけだけど」
「何か1つを」
「みんなでやろうとする」
「一生懸命さは」
「いっちょまえです」
「成長なんかしとるか分からんけど」
「なんだか最高です」
「なんだか楽しいです」

いろいろとみんながみんなカバーしあって今の娘。がいるんだと思う。
いいものは一人では作れません
みんなの力があってこそだと思う。
だからみんなでいいものが作れたんだと思うし、娘。も今はきっと充実感であふれてるんじゃないかなぁ。

やっぱりこの高橋愛色のモーニング娘。は楽しい。
もちろん今までの吉澤色、飯田色、中澤色とあったけども、どれにも引けをとらないぐらいにすごくいいグループになったと思うし、まだまだ成長の余地は残されてると思う。

最後の愛ちゃんMCで紅白の落選が伝えられたけど、「来年またがんばります」って言葉になんか染み渡る力が感じ取れました。

落選っていうのはやはりとっても悔しいんだけど、この落選が今の娘。を僕は大きくしてくれる可能性だと信じます

恐らく更なる高みを来年は見せてくれるんじゃないかな?

そう信じて・・・
[PR]
by isicoro1456 | 2008-12-02 09:58 | ハロプロ
<< 私の魅力に気付かぬ鈍感な人 大阪へ >>